新京の旧櫻木小学校(=新京櫻木在満国民学校)は既に校舎はなく、 現在は長春第二中学。 左が正面、右は校庭。
かつての櫻木国民学校の正門付近。

 櫻木国民学校には、1945年(昭和20年)初等科2年の1学期、 授業日数78日のうち72日出席したが、学校についての記憶はない。

 国境の町、黒河(コッカ)から、父の転勤で四平街に引越しの途中、 立ち寄った叔父の官舎で熱を出したため、一人残って学校に行くことになり、 そのまま終戦間近の8月始め、新京駅から無蓋車に乗せられるまでいた。

 官舎の前が競馬場であることは知っていたが、 何をするところかは気にも留めていなかった。


 興安大路(現在の西安大路)。興安橋(現在の西安橋)から 市の中心方向を望む。

 かつては市電が走っていた。 今でも一部に路面電車が活躍しているという。


 興安橋の上から南方を見る。蒸気機関車は電気機関車に変わっている。 右手の方に官舎があり、櫻木国民学校は左手前方。橋を渡ると遠回りなので、 土手を上り下りして線路をまたいで通った。
inserted by FC2 system