博多港引揚記念碑

(那の津往還)


  平成8年(1996年)3月 福岡市長 桑原敬一

 博多港は、今日、海に開かれたアジアの交流拠点都市福岡市の玄関口として、 また、世界の主要港と結ばれた国際港湾として大きく発展しつつある。

 思えば、この博多港は昭和20年(1945年)の終戦直後、引揚援護港として指定を受け、 約1年5ヶ月にわたり中
国東北地区や朝鮮半島などから一般邦人・旧軍人など139万人の人々がこの港に引揚げ、 また、当時在日の朝鮮人や中国人など50万人の人々がここから故国へ帰っていったのである。

 戦後50周年の節目の年にあたり、私たちはかつて博多港が国内最大の引揚港として果たした役割を忘れることなく、 アジア・太平洋の多くの人々に多大な苦痛を与えた戦争という歴史の教訓に学び、 このような悲惨な体験を二度と繰り返さないよう次の世代の人々に語り継ぎ、永久の平和を願って、この記念碑を建設するものである。


inserted by FC2 system